次回は、尾熊聖子さん/トゥゲザー(福岡)

「札幌から博多まで」



vol.001

氏 名

大沢 誠

所 属

エクザス津田沼(千葉県習志野市)
レヴァン船橋(千葉県船橋市)

R B 歴

11年

ラケット

BEDLAM190

得意技

長い試合をする

好きな
プレーヤー

小野寺英一さん

趣 味

クラリネット演奏15年。
(ただし音痴です)
鉄ちゃんです。鉄道旅行計画はお任せください。
(時刻表は1日みててもOK)

  残業毎月100時間以上のストレス解消&運動不足で入会したエクザスでラケットボールと出会いすっかりはまってしまいました。そのころは人呼んで「九時半の男」。通勤定期を買って実家を越え津田沼へ通っていました。
 いろいろとご縁があって3年前からレヴァン、スウエット、PFT、オークスの皆様から試合のオファーをいただいております。そのオファーを全部受けているうちにいつのまにか関東を飛び出し、郡山→すみのえ→名鉄→森山→仙台→いわき→新潟→トリム札幌→エクザス高槻川西→博多トウギャザーと3年間で全国主要クラブの試合や交流会に参加させていただきました。・・・最後の方はむりやり押し掛けていったのですが。
 各クラブの皆様にいろいろ良くしていただき、思い出多いですが、特にいわきタワーに根本理事ご夫妻の案内で登ったり、すすきのでジンギスカンを旧トリムの片桐様・ジョイ上野&本多様と食べに行ったりともう屋内コートがなくなったところもあり、感慨深いです。
 最近は参加ポイントのため実力以上のクラスに出させていただいていますが出る試合は1点でも多くとろうと全力を尽くしています。他の競技では私のレベルで日本の色々なところから歓迎してもらえるのか、こんなチャンスをいただけるだけで幸せと思っています。少しは恩返しということで生きの良い若手を皆様のもとにご紹介させていただくことがこれからもあるかと思います。厳しいアウエイ環境の試合を味わうことは彼らの実力向上だけでなく、さまざまな成長につながると思います。皆様も千葉においでの際は、気軽にお立ちよりください。

戻る