次回は 鈴木光子さん/ティップネス東武練馬(東京都練馬区)

中央で座っているのが小関さん


「RBざんまいの日々」

vol.025

氏 名

小関昌子

所 属

ラ・フィット兵庫県西宮市

R B 歴

4年くらい

ラケット

ベドラムX170

得意技

----

好きな
コーチ

西村幸次コーチ

趣 味

美味しい物の食べ歩き、RB

 みなさん、はじめまして。1943年生まれ、年齢不詳(計算してネ)の小関昌子と申します。中年の域を過ぎ、実年・老年に近い体も心も大きいおばさんです。全国の皆様が良くご存じの 春・夏高校野球大会の開催地、阪神タイガースのホームグラウンド、甲子園球場のすぐ目の前にあるフィットネスクラブ ラ・フィット で日々練習に励んでおります(?)。とは言え、齢が齢だけにコーチの明田さんは大変苦労している事と思います。若い人の3倍も4倍も時間も手間もかかる生徒ばかり、御苦労様です。感謝しております(本当ですヨ)。週1回のスクールレッスンと時々のプライベートレッスン(パートナー)を受けております。
 当クラブのRB仲間は若い人も沢山おりますが、昼間(11:00〜2:00位)は私と近い年齢の人が大勢おります。週3・4日練習というよりは珍プレー続出のゲームを楽しんでおります。年々、体力も気力も低下しますので、皆それなりに楽しんで、楽しんでコート内を駆け回っております(でもたまにはナイスショットもありますヨ)。
 RBは基本的に個人競技。自分のペースで、自分の体力に合わせてできるスポーツだと思います。 そういう点からいつまでも体を動かす事を良い事と思っている人はぜひラケットボールを始めてみましょう。パワーのある人、体力のある人はそれなりに技術を向上させて、いろんな大会で自分を磨いていけるスポーツだとおもいます。私もちょっとは試合に出て、自分を試してみようと思い、チョコチョコ大会に参加させていただいております。が中々世の中そんなに甘いもんではありませんでした。コートに入った途端、心臓バクバク、のどはカラカラ、足に至っては床に吸い付いたのかと思うほど動きません。右見て左見たら試合が終っていたこともありました。
 でも・・・・・それでも・・・・・やっぱりRBが好き。これからも体の続く限り、いろんな大会に出て、いろんな人とプレーがしたい。そしてあわよくば1勝したい(新人戦では勝ちを経験したヨ、もちろん決勝戦までは行けなかったけど・・・)。大会に出て思う事。私の年齢とまでは言わないけれど、50歳前後の女性陣も参加する勇気をもってほしいと思います。
 以上、私 小関昌子のRBざんまいの日々とRBに対する心構え(皆で楽しく、仲良く、年齢を忘れてゲームを楽しんだ後のちょっと遅い昼食とお茶、雑談)、と目標です。これからも試合会場で、皆様のお母様よりおばあさんに近いちょっと(以上かな?)太目のお茶目なおばさんを見かけたらきっとそれは私です。
 RBのアドバイスはできませんが、人生の話、ウップンばらし位は聞いてあげられるかも?声をかけてください。仲良くしてください。よろしく。