『アボイダブル ヒンダーズ(ビッグエス緑)』

投稿者:五十嵐 仁美


アボイダブル ヒンダーズとは

ビッグエス緑のラケットボールを盛り上げよう!』

アボイダブルヒンダーズ(以下、アボヒン)は、そんな思いを抱いたビッグエス緑(名古屋市緑区)のメンバーが、4年前の2000年3月に結成したラケットボールサークルです。 
当時のビッグエス緑のラケットボール事情はというと、ラケットボールのベテランプレーヤー10名ほどが特定の曜日に集まってプレイするぐらいで、普段はラケットボールスタッフがいないせいか、2面あるコートはいつもガラガラの状態が続いていたそうです。 
『もっとたくさんの人にラケットボールの面白さを知ってもらおう!そしてビッグエス緑のラケットボールを盛り上げていこう!!』 
以来、アボヒンメンバーの阿部さんと山川さんが中心となって、初心者向けレッスンを定期的に実施したり、初心者も楽しめるようなラケットボール大会を開催するなど、様々な形でラケットボールの普及に努めてきました。今では初心者からベテランまで幅広いメンバーがラケットボールを楽んでいます。

サークルタイム終了後のワンショットです。
下段中央(左から3人目)が私です。
(↑クリックすると拡大してご覧になれます。)

アボヒン活動内容

ビッグエス緑では、毎週金曜日の午後9時から10時半までの間サークルタイムとして利用しています。サークルタイムでは、ラケットを初めて握る人やラケットを始めて間もない人を対象に、山川さんを中心にラケットボールについて指導してもらったり、メンバーでダブルスをしたりして楽しんでいます。
サークルタイムの時間以外でも、ラケットコートを覗きにきた人、興味がありそうな人がいたら、アボヒンメンバーが積極的に声をかけてラケットボールに勧誘しています。そんなかいもあり、少しずつではありますが、サークルタイムなどを切っ掛けにラケットボールを続けているメンバーが増えています。

また、不定期ですが、アボヒン主催のラケットボール大会(アボヒンカップ)を開催してきました。アボヒンカップでは、初心者からベテランまで皆が楽しめるよう毎回楽しい企画が盛り込まれています。仮装あり、ベテランプレーヤーに超過酷なハンディを課して、初級者がベテランプレーヤーに対等以上に戦えるような試合にしたり・・・。とにかくみんなで和気藹々楽しめる大会です。

その他にも、地方遠征、飲み会、メーリングリストによる情報交換、ホームページによるメンバー勧誘など、様々な活動を行っています。

優勝カップ アボヒンカッフ杯
アボヒンカップの優勝者には素敵なトロフィーが・・
(↑クリックすると拡大してご覧になれます。)
アボヒンカップは様々な企画が盛りだくさん・・・
左側が私です。

危機がやって来た!

こんな風に盛り上がってきたビッグエス緑のラケットボールですが、今年の春クラブ側から6月中旬までにラケットコートを2面とも閉鎖したいとの話がありました。幸いにもクラブ側との話し合いにより閉鎖は延期となりましたが、危機は続いています。アボヒンメンバーはこれからも一丸となって様々な活動を続けていきたいと思います。






コート紹介

中部オープン開催まであとわずかとなりました。そこで、会場の1つでもあります「ビッグエス緑」を簡単に紹介します。






〒458-0815 名古屋市緑区徳重1丁目605番地
TEL 052-877-2911

ビッグエス緑」は、その名のとおり、緑に囲まれた名古屋市東南部郊外にある総合スポーツクラブです。ぜひ一度ご来館下さい。心よりお待ち申し上げます。

クラブの外観です。駐車スペースも十分です! 練習試合の模様